子供が中学生になったのを期に、フルタイムの薬剤師に転職

薬剤師ですが結婚したことをきっかけとして退職

元々薬剤師として病院に勤務を行っていて、約5年間程度の勤務実績を有しています。
最初の頃には慣れないことばかりでしたが、半年程度のトレーニングを経て、見事に立派な薬剤師として仕事をすることができるようになりました。
優しい先輩方にも恵まれて、順調に仕事を覚えることができ、5年も勤務したことで後に責任者のサポート役になった経験も持っています。
単にお薬を守られた内容で準備することだけではなく、利用者の方々との会話も大切にしていて、数年が経過した頃にはスムーズな対応を行うことができるようになったことも嬉しい経験でした。
しかし、後に結婚したことをきっかけとして退職をしていて、子育てを専業主婦として行うことになりました。
家事全般も行う毎日が続いていて、いつしか仕事をしていたという経験も忘れてしまうような場面も多々ありました。
子供は順調に成長をして、幼稚園から小学校に入った時点で、再び社会復帰することを希望するようになり、薬剤師のアルバイトとして短時間の勤務を行うようになりました。
その際には一般的な求人誌を利用して、自宅から徒歩圏で通える場所にある調剤薬局を探して応募したのですが、アルバイト勤務は朝から午後3時までの短時間に限定されていて、子供が学校から帰ってくる時間に合わせて就業していたことになります。
子供は直ぐに成長をするもので、後に中学生になりました。
このことを期に、今度はフルタイムで薬剤師の仕事に就くことを希望するようになり、再び仕事探しを行うようになりました。
ところが、年齢的なことも起因してか、なかなか就業先をみつけることができないでいました。
書類を送っても、書類選考で落とされてしまうことが多くなっていて、面接まで進むことができない状況が続いていたことも事実です。

薬剤師ですが結婚したことをきっかけとして退職 | 薬剤師のお仕事を集約しているサイト